急性期 合わない

急性期で働くのはもう無理!

Cry
Cry / lenifuzhead


憧れて選んだ看護師という職業。

キャリアアップのため急性期病棟で頑張ってきたけど。
急性期のハードな勤務体系、研究、レポート、研修に追われ疲れが取れない。
夜勤があると眠れない。
人間関係に気を使い体調不調、もう辞めたい!


あなたは良く頑張りました


急性期病棟は、ハードな労働環境だと覚悟して就職したものの、もう限界!

きっと、あなたは、今、精神的に気を遣う毎日で、疲れ切ってしまったのでしょう。

誰もが、辛い経験をし踏ん張っているのに、弱音を吐いていることに自分が落ちこぼれのように感じているのかもしれません。

あなたは、毎日良く頑張りました。無理なら立ち止まってもいいのですよ。

不眠が続き、精神も不安定な状態に陥っているのなら、無理することは決して良くありません。

もし、辞めたいと思っているのなら、思い切って今の職場から離れることを真剣に考えましょう。

もう無理!って思ったら、辞めてもいい!

みんな辛い時期を乗り越えてきたのに、頑張れないなんてと落ち込む気持ちわかります。
ナースコールの幻聴が聞こえるようだったらもう限界!
精神が病んでしまって働けなくなる前にさっと辞めてしまいましょう!

看護師という職業は好きですか?

あなたは、看護師という職業は好きですか?

もしかしたら、今は嫌いかもしれませんね。

憧れの看護師になったものの、指摘、注意の嵐、予期せぬ事態にパニック。覚えられない、こなせない。残業に夜勤の劣悪な環境にこんなはずではなかったと・・・。

でも、思い出してください。

患者さんやそのご家族に心からありがとうって言ってもらえて嬉しかったことを。

看護師って素晴らしい職業です。

病気で、希望も見いだせなくベットで毎日を過ごす患者にとって、あなたからの声掛けはとても嬉しく、あなたが一生懸命頑張る姿には、元気をもらい、あなたの笑顔は心を穏やかししてくれ、助けられていることを。

だから、ほこりを持ってほしい看護師であるということを。

今の職場が辛ければ、楽な職場を選べばいい

せっかく努力して看護師になったのだから、辛い急性期病院で頑張ったのだから、看護師を辞めないでほしい。

急性期病棟での経験と知識は、先々で役に立ちます。

今は、精神を安定させるのが最優先です。

全く辞めてしまいたくなる気持ちはわかりますが、

ブランクを作ってしまうと、再就職はきつくなります。

うつ病のような状態になり、医師の診断で働くのは辞めるように言われている場合以外は、楽な勤務体系にしてでも看護師を続けるという方法はいかがですか?

楽な就職先ならどこでもいい?

看護師として今よりも楽な働き方はいろいろあります。
ただ、楽だけを求め、再就職先を探すと、

「ああ、こんなはずではなかった」ということも

再就職に失敗しないためには


安易に転職先を決めない
現状から抜け出すために、急性期病院以外ならどこでもという考えで決めるのは危険です。
今よりも、楽だと思ったら人間関係が悪かった。
働きやすそうなクリニックを選んだのに人手が足りなくて雑務が多く話が違うと思った。、療養病棟でのんびりと働きたいと思ったのに、寝たきりや全介助、急変対応と多岐な業務に緊張感で接するのは結局一緒

看護師の転職に詳しい人に相談しましょう
同僚、先輩に相談するのも方法ですが、同僚も先輩も、すべての看護師の就職事情に詳しいわけではありません。
看護師転職サービスをご存知ですか?
ハローワークと違って、ナースの転職に詳しいコンサルタントが今のあなたの悩みをじっくり聞いて、今のあなたに相応しい職場選びをしてくれます。

「楽な職場を選んだらスキルアップできないんじゃないか」「一旦辞めたら急性期に戻れないじゃないか」「どんな職場が自分に相応しいのか」「再就職先を決めてしまって辞めたいといってトラブらないのか」

そのように感じて、今の職場を辞めたいけど、そのあとどうしていいか悩んでいるのであれば、まずその悩みをぶつけてみましょう。

看護師転職支援サービスは、登録は無料です。登録してすぐ、今の仕事を辞めて、提案された職場に転職しなければならないということはありません。

親身になってくれる看護師転職支援サービスを選ぶ

看護師転職支援サービスもいろいろありますが、相談するなら、親身にあなたの相談に乗ってくれることろをおすすめします。
登録したら必ず転職しなけらばならないというところは避けましょう。

親身になってくれることろといえば、手厚いサポート、じっくり話を聞いてくれると評判のナースではたらこがおすすめです。

登録もスマホからできます。名前と連絡先と希望の働き方を入力するだけで、1分もあれば完了です。

誰かに相談することで先が見えてくる

急性期は、誰にでも合うわけではありません。人より行動が遅い、飲み込みが悪いと感じてしまい、看護師という職業は自分に向いていないと考えがちです。

でも、看護師として仕事ができる職場は、ほんとうにいろいろあります。

療養型病棟、医療行為が少ない精神科の社会復帰病棟や介護強化病棟、整形外科、訪問看護、 老人デイサービスなどがゆったりと働けると言われています。

これ以外にも、看護の資格を生かした職場はまだまだあります。

看護師専門コンサルタントなら、その辺のことを詳しく教えてくれますし、住んでいる地域の医療施設に実際に出入りしているので生の内部事情も教えてもらえます。

いくら、楽でも、職場の雰囲気が悪かった、人手不足で残業も多くてゆったりとは程遠い職場だったということも良くある話なので、内部情報を詳しく聞いて、自分に合った環境を選びましょう。

新しい職場で本当の自分を取り戻しましょう


新しい職場では、急性期病棟で学んだ事がきっと生かされます。
大変な職場での経験はあなたにナースとしての自信を取り戻してくれるはずです。

まずは、辞める方向に向かって一歩を踏み出してみましょう!

ナースではたらこ
【公式サイト】

http://iryo-de-hatarako.net

  • 厚生労働省認可看護師人材紹介会社
  • 東証一部上場企業のディップが運営(はたらこネットやバイトルドットコム運営)
  • 日本最大級の看護師専門の転職・求人情報サイト
  • 10万件の医療機関求人情報情報
  • コンサルタントが徹底的にサポート
  • お祝い金最大10万円支給
親身になってくれるコンサルタントがいる
    ⇒ 看護師転職求人ランキング