MENU

HANAウェアルーUVオイリー肌の人の特徴と口コミ

 

皮脂の分泌量の多いオイリー肌の方は、ニキビ肌でファンデーション選びも苦労している方も多いようです。

 

ニキビ肌は、できればすっぴんが一番ですが、日焼け止めも必要ですし、職場にすっぴんは無理!という方もいらっしゃるでしょう。

 

HANAウェアルーUVは、どんな肌質、どんな年代でも使えるというのが特徴です。

 

では、オイリー肌とってのHANAウェアルーUVはどんな使い心地なのでしょうか?口コミや評判、気になりますね。

 

オイリー肌のみんなの口コミ

HANAオーガニックウェアルーUVを実際に使っているオイリー肌の方の口コミを集めました。参考にしてみて下さいね。
はづき(37歳)
出産後に以前からのオイリー肌がひどくなったため、手持ちの日焼け止めでは化粧崩れが激しくて何かいい日焼け止めはないか探していたところ、とても綺麗な肌のママ友から薦められたのがウェアルーUVでした。天然100%の完全無添加で赤ちゃんに触れても安心だし、香りも天然のごくわずかないい匂いがして、つけるときにとても気分が上がります。テクスチャーは乳液状でさらりとしているのでオイリー肌の私の肌にもとても馴染みやすくて、しかも崩れにくいです。オーガニックBBクリームとしての働きもあるので、忙しい朝などはこれ一本にフェイスパウダーだけという日もありますが、しっかり毛穴やシミもカバーしてくれるのが嬉しいところです。ピンクベージュを愛用していますが、これからも手放せない愛用品になりそうです。
ネオムウ(25歳)
オイリー肌の私がウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)を使いはじめたところ、本当にしっかりとオイリー肌が改善されたので本当に驚きました。基本的にウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)のみを使用しているので、オイリー肌が改善したのはこの商品のおかげだと思っています。化粧下地として使用していても本当に快適だし、金属アレルギーにも反応しないので、安心して使えています。それに長期間使用する際に心配な添加物に関しても、完全無添加となっているので最高です。ウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)を使うことで、肌に対して様々なメリットを感じているので、これからもこの商品を継続して使っていきたいと思っています。
おおいら(27歳)
ウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)は、オイリー肌の私にとって本当に信頼して使える商品です。基本的に化粧下地として使用することが多いのですが、本当にいつも頼りになるので最高です。ウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)は香りがあまり強くないので、安心してどんな場面においても使用することが可能で、1日何度でも使えます。それに金属アレルギーにも良い影響があるらしいので、信じて使ってみたいと思っています。ウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)はデザインがとてもスッキリとしていて、おしゃれなので、外出している時にも使うことが出来て便利です。それに肌ととっても良く馴染むので、使っていてストレスがないです。
おいりー(18歳)
オーガニックBBクリームを探していたらウェアルーUVが口コミが良かったので、試してみることにしました。他の方の口コミで、仕上がりがけっこうオイリーなテクスチャになると言っていたので、かなりのオイリー肌の私にはあわないかな、と不安でしたがぜんぜん問題なかったです。普段使っているリキッドファンデーションより、てかてかしたかんじはでませんでした。なんか透き通るような肌質になれる気がします。このBBクリームに変えてから、友達にけっこう肌のこと褒められるようになりました。化粧下地いらないのに、こんなに綺麗になれるのは嬉しいです。金属アレルギーで敏感肌の友達にもオーガニックだからおすすめしたらすごく喜ばれました。
おあま(28歳)
オイリー肌の私がウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)を使いはじめたのは、ネットでウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)が絶賛されていたからなのですが、本当に素晴らしい商品だったので買って良かったです。まずウェアルーUV(オーガニックBBクリーム)を使うと本当に肌の状態が良くなり、肌の皮脂が減少してくれるので、化粧がすごく楽になります。それに肌の質が徐々に変わってくるので、オイリー肌に悩んでいた私としては最高な気分です。金属アレルギーを持っているのですが、そんな私でも一切悪い影響が出ていないので安心です。それもそのはず完全無添加となっていて、長期的な使用にも耐えられる品質となっています。テクスチャも完璧なので使っていて気持ち良いです。

HANAオーガニックウェアルーUV徹底解剖!

こちらのページでは、管理人も実際に使っているHANAオーガニックウェアルーUVについてレビューつきで詳しく紹介しています!
このページの先頭へ